マンションを売らずに賃貸に出すことができました

売却しても高く売れないことがわかり賃貸に出すことに

新築マンション購入後に海外赴任を命じられる : 売却しても高く売れないことがわかり賃貸に出すことに : 信頼できる不動産会社に任せて不安が無くなった

賃貸に出すことは第三者に我が家を一定期間使って貰うことを意味しており、身内などに貸すのと違い色々な不安があったのです。
例えば、部屋の中を汚されてしまうのではないか、これにより資産価値が下がるのではないか、こうした不安がありましたし、賃貸の場合は家賃を滞納する人もいると聞きますので、ローン返済を自腹で行わなければならないこともあるのではないか、このような不安もありました。
マンションの査定を依頼した不動産会社は数社で、その中には賃貸事業も手掛けている大手の不動産会社もあり、対応などが良かったので、賃貸に出すべきか否かを相談することにしたのです。
査定の時にお世話になった営業マンは売買取引を専門に行っているとのことで、別の営業マンが自宅に訪れました。
賃貸に出すことでどのようなデメリットがあるのか疑問に感じていたので、最初に賃貸へのデメリットについて尋ねたのです。
すると、借りる人によっては部屋を汚してしまう人もいる、家賃を滞納する人もいるとのこと、自分の不安はズバリ的中していたわけです。
しかし、部屋を貸す時には審査を行うため、滞納する人であるのか否かはある程度推測ができると言いますし、部屋は退去する時にリフォームを行うなどからも元の状態に戻せるとのことでした。